西東京市|眼科|やまもと眼科 

大 中    
文字サイズの変更↑    

ぶどう膜炎

眼球は、3層の膜でつくられていますが、真ん中の膜がふどうの色、形をしているためにぶどう膜と呼ばれています。ぶどう膜は、虹彩、毛様体、脈絡膜と呼ばれる部分からできていますが、そこにおきる炎症がぶどう膜炎です。目が赤い、痛い、まぶしい、涙がでる、見づらい、かすんで見えるといった症状が、ぶどう膜炎の自覚症状になります。ぶどう膜炎には重症のものも多く、失明する可能性も高いので、これらの症状がでたらすぐに眼科を受診することが大切です。